« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

日本は20年後に消えてなくなる

20_3

「国民が知らない反日の実態」から引用

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/307.html#id_a91b1a65

1995年 オーストラリアを訪問した李鵬は、豪首相との首脳会談中に、 「 日本など20年も経てば地球上から消えてなくなる 」と発言

李鵬の発言はまるでオカルトのようにも聞こえるが、平成9年当時の国会でも取り上げられた発言である。

武藤国務大臣

「そのオーストラリアへ参りましたときに、オーストラリアの当時のキーティング首相から言われた一つの言葉が、日本はもうつぶれるのじゃないかと。実は、この間中国の李鵬首相と会ったら、李鵬首相いわく、君、オーストラリアは日本を大変頼りにしているようだけれども、まああと三十年もしたら大体あの国はつぶれるだろう、こういうことを李鵬首相がキーティングさんに言ったと。 非常にキーティングさんはショックを受けながらも、私がちょうど行ったものですから、おまえはどう思うか、こういう話だったのです。」









 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

相次ぐ歴史的建造物の火災

モーガン邸 07/05/12-土曜>

モーガン邸08/01/02-正月(金曜)再び焼ける

杉並区トトロの家 09/02/14-土曜

世田谷区旧三田屋敷 09/02/17-火曜

旧住友家俣野邸 09/03/15-日曜

旧吉田邸 09/03/22-日曜


★藤沢の旧モーガン邸 再び焼ける2008.1.2 10:08

2日午前5時35分ごろ、歴史的建造物として保存運動が進められている神奈川県藤沢市大鋸の洋館「旧モーガン邸」から火が出ているのを近所の人が見つけ119番した。
 藤沢市消防本部が消火に当たったがほぼ全焼した。人は住んでおらず、けが人はなかった。
 同邸は昨年5月12日にも、放火とみられる火災で木造2階建て約280平方メートルの大部分を焼失し、修復中だった。火の気がないことから、藤沢署は今回も放火の可能性があるとみて調べている。
 モーガン邸は、JR東京駅前の旧丸ビルの設計などを手掛けた米国人の建築家J・H・モーガンが1931年に自宅として建造。市民団体などが旧来の景観を守ろうと保存運動に乗り出し、昨年5月の火災後も仮の屋根を取り付けるなど修復を進めていた。現場はJR藤沢駅から約2キロ北の住宅街。



★「トトロの家」全焼 不審火の疑い2009.2.14 11:42

14日午前2時20分ごろ、東京都杉並区阿佐谷北の阿佐谷北5丁目住宅から出火、木造平屋約70平方メートルが全焼した。けが人はなかった。同住宅にはだれも住んでなく、火の気がないことから、警視庁杉並署は不審火とみて出火原因を調べている。
 同区によると、この住宅は、アニメ映画監督の宮崎駿さんが著書「トトロの住む家」で「トトロが喜んで住みそうな『懐かしい家』」と紹介し、映画「となりのトトロ」のモデルになったとされる。地元住民からは「トトロの家」の愛称で親しまれていた。同区が昨年6月に所有し、公園として整備する矢先の火事だった。



★重要文化財の「旧住友家俣野別邸」全焼 放火の可能性も2009.3.15 09:52

 15日午前4時55分ごろ、国の重要文化財に指定されている横浜市戸塚区東俣野町の「旧住友家俣野別邸」が燃えているのを付近の住民が発見し、119番通報した。神奈川県警戸塚署と消防によると、木造2階建ての建物約650平方メートルと敷地内に仮設されていた工事用プレハブ2棟が全焼した。けが人はいなかった。
 同署によると、俣野別邸は昨年1月から平成23年3月まで全面改装中で、14日夜まで工事が行われていた。周囲は高さ約3メートルのフェンスで囲まれ、警報装置が設置されていたが反応はなかったという。火の気がないことから、同署は放火の可能性もあるとみて出火原因を調べている。
 文部科学省のホームページによると、俣野別邸は昭和14年、住友家第16代当主、住友吉左衛門友成の東京別邸として建設された。昭和前期モダニズムの意匠を伝える洋風折衷建築で、平成16年に重要文化財に指定された。



旧吉田茂邸が全焼 神奈川県大磯町2009.3.22 08:01

22日午前6時ごろ、神奈川県大磯町西小磯の旧吉田茂邸から出火したと、警備員から119番通報があった。県警によると、邸宅は全焼。周囲の樹木にも延焼したが、けが人はないという。大磯町消防本部では、普段は火の気がないことから、不審火の可能性もあるとみている。
 大磯町のホームページによると、邸宅は吉田茂元首相の養父が明治17年に建て、約3万3000平方メートルの敷地に住居や賓客室、庭園などがある。吉田元首相と内外の要人が面会した戦後政治史の一舞台で、孫の麻生太郎首相も幼少期を過ごした。
 麻生太郎首相は22日、自身が幼少期を過ごした神奈川県大磯町の旧吉田茂邸が全焼したことについて、「思い出のある建物であっただけに大変残念に思います」とのコメントを発表した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

デヴィ夫人が右翼に植木鉢を投げつける

デヴィ夫人が右翼に植木鉢

4月21日7時57分配信 産経新聞

 デヴィ・スカルノ元インドネシア大統領夫人(69)が、東京都渋谷区内の自宅前で、右翼団体の街宣を受けた際、街宣車に植木鉢を投げつけトラブルとなっていたことが20日、分かった。警視庁で詳しい経緯を調べている。

 渋谷署によると、19日午前9時半ごろ、自宅前で街宣を受けたデヴィ夫人が、「うるさい」と2階のベランダから植木鉢3鉢を投げつけた。植木鉢は街宣車の屋根などに当たり、一部が破損した。右翼団体はデヴィ夫人が北朝鮮のミサイル発射に絡み、「人工衛星だ」と発言したことに抗議していたという。

 また、街宣車の男性運転手も、現場の様子をカメラで撮影しようとしていたデヴィ夫人のカメラを壊した。デヴィ夫人にけがはなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

ブログパーツを設置する方法

使い方ガイド

http://support.cocolog-nifty.com/howto/2006/03/faq_c8f5_1.html

ブログパーツを設置する方法

マイリスト新規作成

マイリスト新規作成

1.ココログにログイン後、メニュータブから「マイリスト」を選択します
2.「マイリストの新規作成」をクリックし、マイリスト作成画面を開きます
3.リストのタイプで「メモ」を選び、名前(例:「ブログパーツを貼るリスト名」)を入力します
4.「リストの作成」をクリックします

項目の追加

マイリスト一覧

5.管理画面で項目を追加したいリストの「項目の追加」をクリックすると項目追加画面が開きます

ソースを貼り付ける

6.以下のような「タグを貼るソース」を貼り付けます
[例] <script type=7"text/javascript" language="javascript" src="http://blog-pet.jp/IDxxxxxxxxxxxx"></script>
7.「保存」をクリックします

ブログを選択

公開設定

8.管理画面で「公開」をクリックすると、公開設定画面が開きます
9.リストを追加するブログ(またはプロフィールページ)にチェックを入れます
10.「変更を保存」をクリックします
11.自分のブログを確認します
※サイドバー内で表示を変更することもできます。詳しくは「サイドバーのカスタマイズ」をご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

1 加害者の目的

各階層により目的が異なっているため最終目的は一般の殆んどの方々は理解されておられないと思われます。 ただし、被害者の方々はおおよそ同じ理解をされていると推測します。

その最終目的は、「日本を弱体化させコントロールする」ことです。→この目的の元、あなたならこの集団ストーカー犯罪システムを何に使っていると思いますか? 恐らく考えられたこと全てが正しいのかもしれません。 ここで日本の弱体化とは、少子高齢化、フリーターやニートの増加、外交問題、教育関係、海外食料依存、医療関係、科学技術関係などなどです。

大多数の一般の方々には、取るに足らないイタズラ(マインドゲーム)や遊び(伝言ゲーム)、少し疑問の残るアルバイト(目的レベル1)などによる行動・発言の積み重ねやメディアリテラシーを介した情報操作を悪用することで、一部の悪魔達により日本をコントロールされています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめに

集団ストーカー犯罪システムは新たな犯罪形態ではなく、少なくとも35年以上前から存在しています。 人間生活・社会生活を営む上で必要不可欠な科学技術や情報が、全国ネットワークを有する一部の悪魔達によって人を殺傷する目的に悪用されています。 その時代の最先端技術(音波・電磁波)などをたくみに悪用しながら進化を続け、現在に至っていると考えられます。 凶悪犯罪の増加と共に、世間で起こっている多くの不可思議な事件の幾つかに付いて、「集団ストーカー犯罪システム」の被害者(ターゲット)の方々は「ほのめかし」を受けたという事例が多く報告されています。 一部の被害者の方は、自分の周囲にいったい何が起こったのか理解出来ずに発狂し、自殺を試みた方もおられます。 また、集団ストーカー犯罪が作り出す異常な日常生活の現実に対し社会的に認知されていないために、周囲の人々から理解されず統合失調症(精神分裂病)などと誤認され「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の、第34条(医療保護入院等のための移送)の名目で措置入院ではなく強制拉致入院させられ、不当な扱いを受け苦しんでおられる被害者の方々が大勢おられます。

 集団ストーカー犯罪によって作られた非日常生活は、被害者同士が同じ時間を共有することによっても実在することは証明されています。 現在、被害者の数は既に400名を越えており、年々増加の傾向にあります。 潜在的被害者の数は少なく見積もっても、この数倍、数千人はおられると予想されます。更に注目すべきことは、被害者の周辺の方々にも類似の攻撃を多く受けているという事実です。 これが市民の平穏な生活を脅かしています。

不幸が続くのは単なる偶然ではありません。工作された可能性が非常に高いと考えられます。 市民生活の安全と安心を確保するためには、まず「集団ストーカー犯罪システム」を社会に認知して頂く必要があります。 集団ストーカーは、住居侵入、サイバー犯罪、窃盗、器物破損、食料品に毒物混入、人間関係の破壊、生活妨害、強制拉致入院など多くの犯罪を複合しながら今も悪の進化を続けています。

 しかしながら、35年以上も前から存在するにもかかわらず、マスメディアは、全く採り上げようとしません。それどころか、テレビ・ラジオで放送されるニュースや番組内容は、加害者に対して「ほのめかし」攻撃を行い、更には漫才のネタ、コマーシャルまでもが被害者に対して、「仄めかし」攻撃を仕掛け、これでもかと精神的ストレスを与え続けてきます。(メディア・リテラシーmedia literacy) 更に、インターネットでの掲示板では、真の被害者に対して多くの現象は幻覚・幻聴・妄想などと決め付け、統合失調症(精神分裂病)に仕立て上げようとやっきになった書き込みをしています。 更に、偽装サイトや自称被害者サイトを立ち上げるだけでなく、個人情報の収集や被害者同士の分裂を図る目的で、真の被害者達の目の前に工作員や偽装被害者・自称被害者まで送り込んで来ます。

 治安が悪化している原因の幾つかは「集団ストーカー犯罪システム」にあります。24時間途切れる事無く何年も継続することにより殺人と言う目的を達成する「完全殺人犯罪」を構成しています。早急に解明し撲滅することが、市民生活の安全と平穏を確保するためには必要不可欠なことです。 堕落した日本を救うために今こそ、個人の倫理感・社会秩序を見直す必要があります。そして、社会学者・心理学者・宗教家・哲学者・政治家・技術者・医療関係者などの方々が一丸となり総合的に解決しなければならない最重要課題と考えます。

 一日も早く国民の方々は、私を含め多くの被害者の方々の悲惨な被害の実態調査を行い正確に理解して頂き、異常事態の日本を救って頂きたいと願います。より良い明日を作るのはあなた自身の行動・発言だということを自覚し、世界に誇れる「品格のある国、美しい国、日本」をつくるために一人一人が責任と自覚を持って頂きたいと願います。 この犯罪を放置し続ければ次に狙われるのは確実にあなたの番なのです。いや、あなたは今、そして過去に既に狙われていた可能性が十分考えられます。 過去の不可思議な事件・事故・出来事を思い出して下さい。必ずや、思い当たるふしが有るはずです。 あればそれは、「集団ストーカー犯罪システム」によるものです。

世界に誇れる日本の文化までもが破壊されようとしています。 日本国政府は、関連分野の専門家を早急に集め、日本社会と国民生活の安全と安心の現在の状況を幅広く分析し議論を重ね、全容究明を進めることで国民がこの集団ストーカーに対し早急に理解すると共に法整備を進めることを強く望みます。 「品格のある、美しい国、日本」をつくるためには、集団ストーカー犯罪システムを撲滅する以外に方法はありません。

 集団ストーカー認知・撲滅のために皆様のご理解とご協力を是非ともお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »