ウェブログ・ココログ関連

2009年4月21日 (火)

ブログパーツを設置する方法

使い方ガイド

http://support.cocolog-nifty.com/howto/2006/03/faq_c8f5_1.html

ブログパーツを設置する方法

マイリスト新規作成

マイリスト新規作成

1.ココログにログイン後、メニュータブから「マイリスト」を選択します
2.「マイリストの新規作成」をクリックし、マイリスト作成画面を開きます
3.リストのタイプで「メモ」を選び、名前(例:「ブログパーツを貼るリスト名」)を入力します
4.「リストの作成」をクリックします

項目の追加

マイリスト一覧

5.管理画面で項目を追加したいリストの「項目の追加」をクリックすると項目追加画面が開きます

ソースを貼り付ける

6.以下のような「タグを貼るソース」を貼り付けます
[例] <script type=7"text/javascript" language="javascript" src="http://blog-pet.jp/IDxxxxxxxxxxxx"></script>
7.「保存」をクリックします

ブログを選択

公開設定

8.管理画面で「公開」をクリックすると、公開設定画面が開きます
9.リストを追加するブログ(またはプロフィールページ)にチェックを入れます
10.「変更を保存」をクリックします
11.自分のブログを確認します
※サイドバー内で表示を変更することもできます。詳しくは「サイドバーのカスタマイズ」をご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

はじめに

集団ストーカー犯罪システムは新たな犯罪形態ではなく、少なくとも35年以上前から存在しています。 人間生活・社会生活を営む上で必要不可欠な科学技術や情報が、全国ネットワークを有する一部の悪魔達によって人を殺傷する目的に悪用されています。 その時代の最先端技術(音波・電磁波)などをたくみに悪用しながら進化を続け、現在に至っていると考えられます。 凶悪犯罪の増加と共に、世間で起こっている多くの不可思議な事件の幾つかに付いて、「集団ストーカー犯罪システム」の被害者(ターゲット)の方々は「ほのめかし」を受けたという事例が多く報告されています。 一部の被害者の方は、自分の周囲にいったい何が起こったのか理解出来ずに発狂し、自殺を試みた方もおられます。 また、集団ストーカー犯罪が作り出す異常な日常生活の現実に対し社会的に認知されていないために、周囲の人々から理解されず統合失調症(精神分裂病)などと誤認され「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の、第34条(医療保護入院等のための移送)の名目で措置入院ではなく強制拉致入院させられ、不当な扱いを受け苦しんでおられる被害者の方々が大勢おられます。

 集団ストーカー犯罪によって作られた非日常生活は、被害者同士が同じ時間を共有することによっても実在することは証明されています。 現在、被害者の数は既に400名を越えており、年々増加の傾向にあります。 潜在的被害者の数は少なく見積もっても、この数倍、数千人はおられると予想されます。更に注目すべきことは、被害者の周辺の方々にも類似の攻撃を多く受けているという事実です。 これが市民の平穏な生活を脅かしています。

不幸が続くのは単なる偶然ではありません。工作された可能性が非常に高いと考えられます。 市民生活の安全と安心を確保するためには、まず「集団ストーカー犯罪システム」を社会に認知して頂く必要があります。 集団ストーカーは、住居侵入、サイバー犯罪、窃盗、器物破損、食料品に毒物混入、人間関係の破壊、生活妨害、強制拉致入院など多くの犯罪を複合しながら今も悪の進化を続けています。

 しかしながら、35年以上も前から存在するにもかかわらず、マスメディアは、全く採り上げようとしません。それどころか、テレビ・ラジオで放送されるニュースや番組内容は、加害者に対して「ほのめかし」攻撃を行い、更には漫才のネタ、コマーシャルまでもが被害者に対して、「仄めかし」攻撃を仕掛け、これでもかと精神的ストレスを与え続けてきます。(メディア・リテラシーmedia literacy) 更に、インターネットでの掲示板では、真の被害者に対して多くの現象は幻覚・幻聴・妄想などと決め付け、統合失調症(精神分裂病)に仕立て上げようとやっきになった書き込みをしています。 更に、偽装サイトや自称被害者サイトを立ち上げるだけでなく、個人情報の収集や被害者同士の分裂を図る目的で、真の被害者達の目の前に工作員や偽装被害者・自称被害者まで送り込んで来ます。

 治安が悪化している原因の幾つかは「集団ストーカー犯罪システム」にあります。24時間途切れる事無く何年も継続することにより殺人と言う目的を達成する「完全殺人犯罪」を構成しています。早急に解明し撲滅することが、市民生活の安全と平穏を確保するためには必要不可欠なことです。 堕落した日本を救うために今こそ、個人の倫理感・社会秩序を見直す必要があります。そして、社会学者・心理学者・宗教家・哲学者・政治家・技術者・医療関係者などの方々が一丸となり総合的に解決しなければならない最重要課題と考えます。

 一日も早く国民の方々は、私を含め多くの被害者の方々の悲惨な被害の実態調査を行い正確に理解して頂き、異常事態の日本を救って頂きたいと願います。より良い明日を作るのはあなた自身の行動・発言だということを自覚し、世界に誇れる「品格のある国、美しい国、日本」をつくるために一人一人が責任と自覚を持って頂きたいと願います。 この犯罪を放置し続ければ次に狙われるのは確実にあなたの番なのです。いや、あなたは今、そして過去に既に狙われていた可能性が十分考えられます。 過去の不可思議な事件・事故・出来事を思い出して下さい。必ずや、思い当たるふしが有るはずです。 あればそれは、「集団ストーカー犯罪システム」によるものです。

世界に誇れる日本の文化までもが破壊されようとしています。 日本国政府は、関連分野の専門家を早急に集め、日本社会と国民生活の安全と安心の現在の状況を幅広く分析し議論を重ね、全容究明を進めることで国民がこの集団ストーカーに対し早急に理解すると共に法整備を進めることを強く望みます。 「品格のある、美しい国、日本」をつくるためには、集団ストーカー犯罪システムを撲滅する以外に方法はありません。

 集団ストーカー認知・撲滅のために皆様のご理解とご協力を是非ともお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)